【施工事例】 限られたスペースを活かしたローメンテナンスの庭づくり

 10㎡程の外構スペースに新しく庭をつくりたいとのご依頼を頂きました。

現場は新築のご自宅の外構部分が裸地のままとなっており、フェンスだけをご自分で建てられた状態でした。

 

 ご要望のイメージは、中央部に園路を配置して両脇には植込みを設け、一番奥にレモンの木を植えたいとのことです。

施工前の状況。三角形状の外構敷地に、カントリー風の既存のフェンスが建てられていました。

お施主様よりご提示されたイメージ。奥にレモンの木を配置し、それに続く園路と植込みを設けたいとのご要望。

庭の全体イメージ

 全体配置について検討を行った結果、中央部の園路が狭くならないようにするためには、最低でも70cmの幅員を確保する必要があります

 

 これにより、両脇の植込みは自ずと5060cmの幅員に制限されることになります(図参照)。

 

 このように植込みのスペースが非常に限られるため、特に成長の早い植物を避けて植えるようにしなければ、庭全体が植物で被圧される心配がありました。

 そこで、既存のフェンスとのデザインの調和を考えつつ、樹木類についてはレモンに加え、枝が徒長したりせずに比較的管理のしやすいオリーブ、ジューンベリー、アベリア・ホープレイズなどを選んで植えました。

オリーブ植栽。既存のフェンスとのデザインの調和も考慮し採用。

入口付近に植えたジューンベリー。
アイストップの役割を果たす。

 また、下草類については、地面を被覆することで雑草を抑えつつも成長スピードが早すぎないハツユキカズラとプラティアをベースとして、フイリヤブランなども加え、ローメンテナンスを意識した設計を行いました。

園路入口付近に植栽したハツユキカズラ。
美しいカラーリーフが目を引きます。

園路付近に植栽したプラティアとフイリヤブラン。
プラティアは地面を被覆しつつも、成長が旺盛過ぎない草種として採用しました。

 完成後の現場の全景です。

赤茶色の敷砂利とカラーリーフを交えた植栽により、明るい雰囲気の庭園が出来上がりました。

 合わせて、玄関横のファサード部分についても植栽プランをご提案し、修景を行いました。

施工前

施工後

 このように、限られたスペースの植栽では、成長の早すぎない植物を選ぶことが一つのカギとなる場合があります。

当事務所では、狭小スペースにおける植栽や庭づくりについて、プランのご提案や各種のご相談を承っております。

 

 ご用命の場合は下記をクリックし、お問い合わせフォームへお進み下さい。