『暮らしを豊かにする、価値ある空間を創っていきたい。』

 暮らしとみどり研究所のホームページへようこそ! 代表の吉田です。

 私は以前、道路の造園設計・工事、維持管理等に20年近く携わってきました。道路事業は公共事業の特質上、コスト削減や品質の確保、確実なメンテナンスの実施等が求められますが、常にそのような観点で空間づくりのあり方を考えてきました。

 

 現在は以前の仕事の経験を活かして、店舗や小規模ビル、住宅等のガーデンづくりを手掛けていますが、この業界ではお客様のニーズに応じたきめ細かなデザイン表現には注力がされる反面、本来ベースにあるべき設計の合理化やメンテナンスの向上、構築物の長寿命化といった事柄については、重視されていないことが多いと感じます。

 

 当研究所では、このようなハード面での設計デザインの合理性を追求していくと共に、人とみどりの関わりといったソフト面での空間のあり方をも考えていくことで、暮らしやビジネスを向上させる価値ある空間づくりを行っていきます。

Concept

  • 1
    ローメンテナンスで長持ちする、育てやすいみどりをつくります。

建物前に木を植えたいが、確実に育つか、また枝が伸び過ぎたりしないか-」

 

 当オフィスとつき合いのある建築デザイナーの方や、建物や店舗の修景をお考えのオーナーのお客様などからは、この手のご質問をよく頂きます。

 

 なぜ、こういったご質問が多いのでしょうか?-それは植えた木が現場の環境に合わずに生育不良となったり、逆に枝葉が伸びすぎて隣地へ張り出したり、頻繁な剪定作業に苦慮している事例が世の中にたくさんあるからです。

 

 建物の前に木を植える際には、植える目的をきちんと押さえた上で、日当たりや土壌等の現地条件からどんな樹種が適するか、さらには将来の樹木の成長やお客様がどれだけ管理に手をかけられるかといった事柄を勘案していくことで、上述の問題をかなり解消することができます。

 

 暮らしとみどり研究所では、独自のノウハウや経験に基づいて、その場に相応しい植物や配植、施工方法等を提案していくことで、植物の健全な活着を促すとともに、後々の雑草の伸び方や植物の成長を見据えたイージーメンテナンスで永続性のあるみどりを作りあげていきます。


  • 設計に工夫を凝らして、コストを抑えたプランニングを行います。

工事費をもっと安くしたい-」

 

これは誰しもが思うことです。では実現するには何をしたらよいでしょうか?

 

 当オフィスでは、合理的な設計の追求こそがコスト削減に繋がると考えます。

 植物はそれぞれに成長パターンがあり、それを踏まえて将来形を見据えていけば、最適な植栽密度や必要な規格は自ずとアウトプットできます。

 また、見え方を工夫して施工範囲を狭めたり、現場にある既存物を上手に活用していくことでも、工事費を抑えていくことは可能です。

 

 暮らしとみどり研究所では、こうのような設計の合理化を考えるとともに、お客様のニーズにより積極的に応えていくため、規格を落とせるところはもっと落とす、成長の早い樹木や地被類を上手に活用する等の工夫を図ることで、価格をさらに抑えていきます。


  • 暮らしやビジネスの向上に資するみどりを考えていきます。

確かにみどりがあった方がいいけど、わざわざ予算をかけるほどでも-」

 

 もしかしたら、多くの皆様はこのようにお考えではないでしょうか?

 

 しかし、例えば飲食店などの店舗の入り口に配置されたみどりは、来店されたお客さまを迎えるおもてなしであるだけでなく、そもそも集客にも効果があると言われており、延いてはお店の評判UPにもつながっていくものです。

 また、オフィスビルのエントランスに設けられたみどりは、快適な職場環境に資するものであると同時に、企業のイメージアップとしても大きな意義を果たします。


 さらに、居住空間におけるみどりの必要性については言うまでもありませんが、窓から見える植物の存在が子供の自己管理能力を醸成するといった研究結果もあり、みどりは単なる癒しの効果に留まらない高い付加価値を有します。
 

 暮らしとみどり研究所では、このようなみどりがもたらす様々なプラスの効果に着目し、日々の暮らしやビジネスの向上に資するみどりのあり方を考えるとともに、より多くの方々にその意義を知って頂ければと思っています。

 みどりを創ることの本当の意義-それは、私たちの様々な営みをよりよい方向へ導くことにあると考えています。

Profile

  • 1972年 神奈川県生まれ。
  • 早稲田大学教育学部卒業後、千葉大学大学院修了(農学修士)。
  • 高速道路の造園設計・工事、維持管理、研究等に18年間従事。
  • 2014年 日本で唯一のエクステリア&ガーデンのプロデザイナー養成学校である「E&Gアカデミー」を卒業。
  • 2015年 町田ひろ子アカデミーにて、オーダーメイドガーデニングコース(開業に向けた特別カリキュラム)を受講。
  • 2017年 暮らしとみどり研究所 設立。

1級造園施工管理技士、グリーンアドバイザー

 

 私は子供の頃、祖母の家の広い畑で多くの時間を過ごし、幼い頃から植物に自然と親しんできました。

 大学では細胞生物学等を学んでいましたが、とある講義の教室の窓から望むイチョウの木々が週ごとに黄色く染まっていくのを見て、人々の暮らしの中で静かに生きる生命に興味を持つようになり、人間とみどりの関わりについて探求したいという思いから、大学院では全く別分野の緑地植物学を修めました。これが今に至る原点だったと思っています。

 

 その後、道路関係の造園の仕事に18年間携わりましたが、自身の設計理論を形にし、世の中に主張していきたい思いから一念発起してガーデンデザイナーを志し、そのデザインの奥深さや緻密さに魅了され、起業を決意しました。

 

 紆余曲折を経てようやくライフワークにたどり着いた心境ですが、これまでの経験を活かし、暮らしの中の空間づくりを独自の視点で考えていきたいと思っています。まずはお気軽にご相談ください。きっと新しい発見があると思います。